ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

システムの運用手順やノウハウを共有 JP1/Navigation Platform

「JP1/Navigation Platform」は、運用手順やノウハウを可視化・共有化し、オペレーターに的確な操作をナビゲートする製品です。 オペレーターは運用手順の流れを示すフローチャートと、画像や参照URLなどの詳細を示すガイダンスに沿って、効率よく作業を進められます。
管理者は運用手順の実行履歴分析により作業ごとの実行回数、実行時間、エラー回数を把握でき、つまずきやすい作業を容易に特定できます。 また、改善が必要な手順を画面上で変更でき、業務手順への反映や変更点の共有も簡単にできるため、継続的な業務改善につなげられます。

このような課題を解決します!

課題

  • オペレーターの作業ミスを減らしたい
  • 複雑な手順が必要な作業でオペレーターの負担を減らしたい
  • 作業手順の標準化をしたい

解決

  • 担当者が判断する場面を減らし操作手順を簡潔にすることで、ミスを削減できます。
  • 作業手順を共有し、俗人化した作業を減らせることで、業務の効率化へと繋げられます。

『JP1/Navigation Platform』の特長

オペレーターーのスキルに左右されず運用手順を実施

運用手順をWebブラウザ環境で可視化・共有化することで、オペレーターのスキルに左右されず、確実に運用手順を実施できます。

  • WordやExcelの手順書の問題点(一元管理、最新情報共有、運用分析ができていない)を解決
  • オペレーション品質の標準化による属人化の排除と運用の統制
  • 手順書の公開(共有)による可視化とノウハウの継承
  • JP1製品との連携による更なる効率化
  • オペレーションをアウトソーシングすることによるコスト削減
  • テクニカルサービスによるスムーズなコンテンツ化で、導入の容易性をアップ

オペレーションの操作履歴をレポート

簡単な操作で、オペレーションの操作履歴をレポーティング画面に表示できます。
課題があるオペレーションの把握ができ、運用の改善に役立ちます。

システムの運用手順やノウハウを共有「JP1/Navigation Platform」の活用事例

事例01製造業様

コールセンターと運用管理の2業務に適用いただいています。

事例02陸運業様

新人や長期出張していた社員の業務をナビゲートします。