ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

内部不正による情報漏えい対策 操作監視ソリューション

昨今、情報漏えいが企業に与える影響が多大であることから、情報セキュリティ対策として従来から実施しているサイバー攻撃の対策に加え、「内部不正による情報漏えい対策」を行う企業が増えています。
内部不正への対策としては、システム全体の操作ログを記録/監視し、適切な証跡管理を実施することが重要です。
当社の「操作監視ソリューション」はWindows/Linuxサーバ/ネットワーク機器を含めたシステム全体の操作ログを取得します。内部不正の抑止や証跡確認、不正操作の検知機能による操作ミスのすばやい発見に効果を発揮します。

このような課題を解決します!

課題

  • サーバの遠隔保守やテレワークを行う際のアクセス制御や証跡を残したい
  • 転職者や異動が多い部署の業務に対して情報持ち出しリスクを抑止したい

解決

  • 複数のOSやネットワーク機器を含めたシステム全体の操作監視が可能
  • 複数のOSやネットワーク機器を含めたシステム全体の操作監視が可能

『操作監視ソリューション』の特長

システム全体の操作を監視可能

システム全体(Windows PC、Windowsサーバ、Linuxサーバ※、ネットワーク機器※)の操作をリアルタイムで監視し、詳細なログを取得します。
※telnet/sshを使用したセッションと実行コマンド

不正な操作を抑止

事前に設定したルールにより、特定の操作を制限することが可能です。
環境に応じて設定可能なルールとアクションで、操作ミスや不正操作を未然に防止します。

お客さまに合わせた運用管理、証跡管理の環境整備をご提案

当社はさまざまな業界向けに、コンサルティングからシステム構築・導入、技術サポート保守、運用まで一貫した情報システムの運用管理サービスを提供してきた経験があります。
それらの経験を活かし、お客さまの情報資産の重要度や利用者の範囲など、特性に応じた効果的なセキュリティ対策をご提案します。

関連キーワード