ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

テレワーク環境をトータルサポート テレワークソリューション

テレワークはICTを活用した「場所にとらわれない柔軟な働き方」のことで、育児や介護などの制約がある人が労働市場に参加することで市場拡大につながると期待されている施策です。

では、テレワークを行うために必要なこととはどんなことでしょうか?単純にノートパソコンを持ち出して社外で作業できれば良いのでしょうか?その場合に、セキュリティや利便性、業務管理上の問題はないのでしょうか?
当社ではテレワークを実施する際に発生するさまざまな課題を解決するソリューションを提供します。

このような課題を解決します!

課題

  • テレワークを導入したいが、漠然と不安がある
  • テレワークを導入したいが、どの業務に適用すればよいのか分からない

解決

  • そばにいなくても「業務を見える化」と「プロセスの見える化」によって作業全体の見える化を実現、不安を解消します。
  • 当社のテレワークソリューションは、リモートアクセス環境からAIの活用までを段階的にご提案します。

『テレワークソリューション』の特長

柔軟なワークスタイルを提供

業務を見える化し離れていても作業内容を把握

業務プロセスを見える化

テレワークの業務報告は主観的な報告のため説得力に欠ける部分がありますが、各種ログを活用した客観的な情報により管理者の納得度が向上します。

業務プロセスの分析

残業時間の是正をしても、生産性を向上しなくては作業がオーバーフローしてしまいます。
収集した各種ログを分析し改善を進めることで、組織全体の生産性向上を実現します。

AIを活用した予測

【各種ログを解析しコミュニケーションの活性度を予測】

テレワークは、疎外感がありコミュニケーションが低下する可能性があります。各種ログをディープラーニングしコミュニケーションが低下しそうな予測をすることで、コミュニケーション低下による業務効率の低下や離職率の上昇を事前に防ぐことが可能となります。

【メール送受信履歴を活用した残業予測】

テレワークは、作業進捗がつかみづらいので作業者の残業予測も難しくなります。メールの送受信履歴等、その業務に相関を及ぼす業務をディープラーニングに次月の残業を予測することで、作業の平準化等の施策を打つことが可能となります。

テレワーク環境をトータルサポート「テレワークソリューション 」の活用事例

事例01DoMobile、快作レポート+をクラウドで導入することで費用を抑えた構成

クラウド製品の利用で費用を最小限とした構成です。
この他にも、お客さまのご要望に応じた構成をご提案可能です。ぜひ、お問い合わせください。

関連キーワード