ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

貨物ダメージ情報管理 Damage Tracer

貨物倉庫業界で培ったノウハウをシステム化し、物流事故の報告書作成など業務効率の大幅な向上を実現します。
貨物ダメージ発見時のレポート作成を支援する機能、タブレット上で搬入者・受取者の手書きサインを行う機能、そのサインを現場で撮影した写真データと共に管理する機能も用意しており、事務所に戻って印刷・サインを行なっていたことが作業現場で対応可能となり、作業時間の短縮による効率化が図れます。
さらに、貨物ダメージ分析機能(個別オプション機能)を利用することで、ダメージ特性やダメージ状況の分析が可能となり、貨物ハンドリングの業務改善に活用できます。

このような課題を解決します!

課題

  • 取扱貨物に破損があった場合、自社の責任ではないことを証明する必要がある
  • ダメージ情報のレポートを作成するため、事務所へ戻る必要がある

解決

  • 確認者のサインや、貨物の詳細情報を含めたレポートを簡単に作成
  • タブレットを活用することで、貨物ハンドリング現場でレポート作成が可能

『Damage Tracer』の特長

簡単導入

当社が運営する接続サービスを利用することで、3ステップでセキュアなモバイルアクセス環境を簡単に導入することが可能です。
ファイアウォール・ネットワーク構成の変更は不要です。

カメラ機能付きモバイルデバイス利用による業務効率化

カメラ機能付きモバイルデバイスを利用することにより、これまでの貨物運搬や仕分作業の運用を変更することなく、必要な際に、すぐに貨物ダメージ情報(画像、ダメージ種別、ダメージレベル、キー情報)を記録することが可能となります。
また、サジェスト機能*1を装備しているため、モバイルデバイスでのキー情報入力操作を極力省略することができます。

*1サジェスト機能とは、航空貨物の場合、便名、ULD No./AWB Noの関連情報を本システムに取込むことで、AWB No.を入力すればそれに関連する便名、ULD No.を自動的に入力します。便名を選択すれば、それに関連するULD No./AWB Noを選択するだけでキー情報登録が完了し入力作業の削減が可能です。

*ULD:Unit Load Deviceの略称。航空機用のパレットやコンテナなどを活用し搭載するユニット
*AWB:Air Way Billの略称。航空貨物運送状
*Android端末は印刷に対応していません

貨物ダメージレポートをかんたんに作成

貨物ダメージ情報の画像データ、キー項目の標準レイアウトを準備している為、ダメージレポートを簡単に作成できます。
レポートでは、各種キー項目情報、ダメージ内容、ダメージ画像をpdf形式で出力します。

連携機器

業務用タブレット(TS1シリーズ)

株式会社 日立ケーイーシステムズの業務用タブレット「TS1シリーズ」と連携しています。 物流現場での利用に必要な「軽量性」と「堅牢性」を備えた業務向けタブレットで、お客さまの利用シーンに合ったシステムをご提案します。

TS1の特長

  • 軽量・薄型設計
  • 防塵・防滴設計(IEC規格IP54準拠)
  • 堅牢設計(MIL-STD-810G準拠)
  • ファンレス設計
  • お客さまによるバッテリー交換可能
  • 長期安定供給

機器詳細はこちら(外部サイトを開きます)

関連キーワード