ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

工場のQCD強化を実現 製造現場向けIoTソリューション

昨今、さまざまな業種において「モノ・コト」をネットワークにつなぐ「IoT」が活用されています。製造業の各工場においても、製造現場を構成する「5M+1E」※をIoT活用でデジタル化し、QCD(品質/コスト/納期)強化に活用する企業が増えています。

※作業者(Man)/方法(Method)/機械(Machine)/材料(Material)/測量(Measurement)/ 環境(Environment)

当社は日立グループの一員として、これまで日立グループ内外の多様な製造現場に対して、最適なIoTを組合わせたシステムを提供してまいりました。そのノウハウを「製造現場向けIoTソリューション」として体系化し、エンジニアリングサービスとして提供します。

製造のQCDへの寄与イメージ図

このような課題を解決します!

課題

  • 製造現場のQCDを強化したい

解決

  • 多様な製造現場に対してIoTを活用したシステムを提供してきたノウハウを活かし、製造現場のQCD強化を支援

工場のQCD強化を実現「製造現場向けIoTソリューション」の活用事例

事例01作業段取り支援ソリューション

作業指示書に付与された識別情報(RFIDなど)を読み取って、それに対応する文書/画像/動画などを現場端末にて再生することで、習熟度の低い工員の作業段取りを支援します。

事例02測定データ収集ソリューション

別作業場所に設置された測定装置の結果を収集し、即座に調整工程へ通知することで、ライン全体のリードタイムを短縮します。

事例03ヤード保管適正化ソリューション

ヤード保管物にRFIDタグ(またはバーコード)を貼り付けて、出庫対象物の位置特定と現品識別を容易化し、出庫時間短縮と棚卸の省力化を実現します。

事例04作業着完情報収集ソリューション

RFIDタグ(またはバーコード)付きの作業指示書と指示書読取機を用いて、現場の作業着手および完了報告を簡単化・即時化し、工程マンの工程組替えの短サイクル化を支援します。

事例05マテハン時間短縮化ソリューション

各工程の端末からフォークリフト搭載端末に対して直接配膳を依頼することで、マテハン時間を短縮化します。