ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

モバイルシステムプラットフォーム 快作モバイル+

快作モバイル+は、モバイル端末を活用した業務改革を手軽に構築できる、モバイルシステムプラットフォームです。
業務Webシステムのミドルウェアとして活用し既存システムを簡単にモバイル化できるほか、多彩な入力機能により営業・保守・工場といったフィールド業務のデジタル化に貢献しデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速を支援します。

快作モバイル+

このような課題を解決します!

課題

  • カメラ・GPSなどスマートデバイスの機能を活用したシステムで業務改革をしたい
  • 業務システムをモバイル化したいが、セキュリティリスクが不安
  • アプリケーション審査やOSごとの動作検証が必要なため、開発・保守費用が増大してしまう

解決

  • デバイス連携機能によりHTMLを記述するだけでモバイル端末との連携可能。Webアプリケーションを開発するイメージで、迅速なシステム開発を実現
  • 保存データや通信暗号化、認証機能、フィルタリングなど、業務利用に必要不可欠なセキュリティ機能を実装
  • 動作検証済みのアプリケーションを開発基盤として提供することで、開発・保守コストを削減

『快作モバイル+』の特長

モバイルシステム開発を補助する豊富な機能をAPIで提供

モバイルシステム開発を補助する豊富な機能をAPIで提供

開発基盤である「快作モバイル+」で提供されるさまざまなAPIを利用することでカメラ、手書き、バーコード読み取りなどのモバイル機能を容易に実装、システム連携が可能。
モバイルシステムの専門的な知識は必要なく、Webアプリケーションの開発スキルで各モバイルOSのネイティブ機能を利用したシステムを開発できます。
また、オフライン機能の提供により通信状況に依存せず業務システムを利用できます。

モバイルならではのセキュリティリスクに対応

モバイルならではのセキュリティリスクに対応

業務システムでのモバイル端末利用では端末の紛失や第三者の利用、不正アクセスなど、さまざまなセキュリティリスクが存在しています。
快作モバイル+はそのようなリスクに対応するため、さまざまなセキュリティ機能を備えています。多要素認証によるログインや、格納データの暗号化・遠隔削除により強固なデータ管理を実現し、業務データを守ります。

マルチOS対応・OS毎のバージョンアップに対応し開発・保守コストを削減

容易に導入可能


iOS、Android、Windowsといった主要なOSに標準で対応しているため、お客さま側で機種ごとの動作検証やアプリケーション審査をする必要はありません。快作モバイル+を開発基盤としてご利用いただくことで、モバイルシステム開発のコストを大幅に削減できます。
OSのアップデートに製品側で追従していくため、動作検証にかかる保守コストもスクラッチ開発と比較して少なくなります。
※各osの詳細な対応状況については、お問い合わせください。

「快作モバイル+」の活用例

事例01関西電力株式会社 様

お客さま訪問業務の効率化をタブレットで実現

関西電力さまでは、お客さま訪問時の作業効率化を目的としてタブレットを活用した業務システムを開発。そのアプリケーション基盤として「快作モバイル+」を採用いただきました。
今まで電話や紙の説明資料で実施していたお客さま宅への訪問手配、最適な料金シミュレーション、訪問結果の登録がタブレット一つで実施可能となり、お客さま訪問1件あたりで30〜40分程度の作業効率化に繋がりました。
そのほか、社内システムへ連携してお客さま情報を確認できるため、お客さま宅での突発的な依頼事項に対して、柔軟な対応が可能となりました。

本事例の詳細な資料をご希望の方は、お問い合わせください。

その他の業種 活用例

保険会社:営業支援活動に利用

・営業員が訪問先で保険の見積〜契約までを実現
・オンラインのWebシステムと「快作モバイル+」のオフライン機能を連携させたハイブリッド環境により、シームレスなシステムを構築

保険会社:営業支援活動に利用

ガス会社:開閉栓、保安点検業務

・ガスの開閉栓、保安点検業務の紙帳票の電子化を実現
・基幹システムとリアルタイム連携することで、社外サービス員による迅速なサービス提供が可能

ガス会社:開閉栓、保安点検業務

家電量販店:在庫情報照会システム

・タブレットから家電製品の在庫情報を照会 ・渉外担当者が離席することなく、その場で在庫照会が可能 ・社員個人所有のiPadを活用

家電量販店:在庫情報照会システム

機器製造メーカー:検査システム

・機器の各製造工程での部品検査。 ・指摘の手書き紙帳票を電子化。 ・必要な場合は指摘箇所をタブレットで撮影し、写真を帳票へ添付 ・検査報告の管理業務を効率化

機器製造メーカー:検査システム

関連情報

動作環境

関連キーワード