ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

「テレワーク環境で従来の運用レベルを維持」と「テレワーク作業の見える化」を実現 テレワーク向けシステム運用支援ソリューション

「新しい生活様式(ニューノーマル)」への移行が求められる中、急遽テレワークを導入された企業の皆さまから「従来、社内で実施していた運用業務のレベルをテレワーク環境下でも維持したい」という声が挙がっています。

「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」は、テレワーク環境から業務システムにアクセスする際のアクセス制御(特権ID、コマンド管理)や操作ログの保存、管理者/作業者の画面共有によるクロスチェックなど、さまざまなテレワークの可視化を可能とします。

従来は社内でのみ許可していた基幹システムの更改業務なども、本ソリューションを導入いただくことで安心してテレワーク環境での遂行が可能になります。

このような課題を解決します!

課題

  • 作業者と管理者でのクロスチェックが難しい
  • 運用システムに「いつ」「誰が」「どんな」作業をしたのか分からない
  • 不正操作・アクセスの監視が難しい

解決

  • テレワーク環境で、リアルタイムのクロスチェックを実現
  • ユーザーごとに作業結果を取得、作業内容を「見える化」
  • 権限の限定付与による不正行為の抑止

『テレワーク向けシステム運用支援ソリューション』の特長

テレワークでセキュアにシステム運用作業

テレワークでセキュアにシステム運用作業

テレワーク端末から、個々のIDで運用システムの操作が可能です。特権ID/パスワードを使う必要がありません。
テレワーク端末には、画面だけを転送するため、万が一、テレワーク端末がウイルスに感染していても、社内に持ち込みません。
また、作業者と管理者で画面を共有して、クロスチェックが可能です。

ユーザーの権限、システムの重要度に合わせてアクセスを制御

アクセスできるサーバー、時間帯、抑止するコマンドの定義・制限ができます。
必要最低限の権限を付与しアクセスコントロールをすることで、システムへの直接的な不正を抑止します。

操作ログを一元管理し、ミスの追跡や、不正がなかったことの証明など、ステークホルダーを守る

ユーザーIDごとに操作ログを取得します。電子ファイルの持ち出しなど、全ての操作を監視・記録していくため、情報漏えい管理と、インシデント発生時の原因調査が可能です。

「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」の活用例

活用例01基幹システムの操作をテレワーク化

基幹システムの操作をテレワーク化する際に、管理者のクロスチェックが不十分な状況だと、事故発生リスクがあります。
「テレワーク向けシステム運用支援ソリューション」を活用することで、テレワーク中でも操作画面を共有して、クロスチェックが可能になります。
また、運用保守時以外はアクセス不可とすることで、不正な操作を抑止します。

活用例02インシデント発生時の原因調査

システム運用作業時、Windowsの画面操作やLinuxのコマンド操作を動画で記録、コマンド操作は文字列検索が可能なテキストログで取得しています。
インシデント発生時の管理者の調査・解析負荷を軽減します。
また、ユーザーごとにログを保存しているため、不正がなかったことの証明やミスの追跡など、強固な証跡管理を実現します。