ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

デジタルトランスフォーメーションとは? 概要や企業の課題について解説

デジタルトランスフォーメーションとは? 概要や企業の課題について解説

デジタルテクノロジーは日々進化しており、新しいサービスやビジネスモデル、商品が次々と登場しています。これによって、私たちの生活も昔とは比べものにならないほど大きく変化し、より利便性や豊かさが増したと感じられるのではないでしょうか。このようなテクノロジーの発展が進む中で注目されているのが「デジタルトランスフォーメーション」というキーワードです。
ここでは、デジタルトランスフォーメーションの意味や重要性、課題について説明します。

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)は、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授であるエリック・ストルターマン氏が提唱した概念であり、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」とされています。
デジタルトランスフォーメーションを直訳すると「デジタル変換」ですが、変換というよりは既存の仕組みや概念を大きく変えるような変化という考え方のほうが近いでしょう。

経済産業省が定義した日本の「デジタルトランスフォーメーション」

日本では、2018年に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」を発行しました。このガイドラインは、デジタルトランスフォーメーションを実現するためのアプローチやアクションの認識共有が必要であるという背景があり作成されました。内容は、「DX推進のための経営のあり方、仕組み」と、「DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築」の2部構成になっています。

このガイドラインでは、デジタルトランスフォーメーションを「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」とかなり明確に定義しています。

企業におけるデジタルトランスフォーメーションの重要性

企業において、デジタルトランスフォーメーションを取り入れないことで一体どのような問題があるのでしょうか。まず挙げられることが「既存システムの老朽化」です。日々進化しているシステムや技術に既存のシステムで対応するのには限界があり、データの活用や連携が難しくなります。さらに既存システムの仕組みが複雑化していれば、維持費・管理費といったコストも高くつくでしょう。

上記のような原因によって新しい事業への進出に遅れる、競争力の低下といった問題につながる可能性があります。これらを解消するために、デジタルトランスフォーメーションは重要であるといえるでしょう。では、デジタルトランスフォーメーションを実現するためにどのようなテクノロジーを活用すればよいのでしょうか。

一つはAI(人工知能)です。既存のシステムや端末にAIを導入することで、さまざまな革新を起こせると予想できます。例えば医療業界では、AIを使った画像診断、創薬などが挙げられます。
IoT(Internet of Things)もデジタルトランスフォーメーションにおいて活用できるテクノロジーの一つといえます。IoTとは「モノのインターネット」を意味し、あらゆるモノとインターネットをつなぐ技術のことです。IoTは物流や製造業、農業、交通といった分野での活用が期待されています。
また、5G(第5世代移動通信システム)の導入により、IoTの利便性の向上・普及が加速するでしょう。高速・大容量、低遅延通信、多数同時接続の特長をもつ5Gは、人々の生活や事業をより良いものにすることはほぼ間違いないといえます。VR・AR技術や高画質ライブ配信、遠隔技術などの分野に大きな影響を与えると予想できます。

日本企業におけるデジタルトランスフォーメーション導入の課題

デジタルトランスフォーメーションを企業に導入することで事業拡大や利便性の向上が期待できることは自明ですが、導入における課題も考えられるでしょう。まず考えられることがIT関連人材の不足です。新しい技術を導入しても、それを扱える人材がいなければ導入効果は見込めません。新技術を熟知した人材の確保や教育が今後の課題になると予想できます。

経営層と現場のデジタルトランスフォーメーションに対する意識の乖離も一つの課題になると考えられます。現場社員が新技術の活用や必要性を理解していても、経営層がその必要性を理解できていなければ、事業としての活用は難しいものとなってしまいます。また、必要性を理解していても「AIやIoTを何かしらに活用したい」といったあいまいなビジョンだけを提示してしまう可能性があります。AIやIoTを活用してどのような革新を起こせるのか、ビジョンを明確にもつことがデジタルトランスフォーメーションによる生活の向上や競争上の優位性の確立につながるでしょう。

日本におけるデジタルトランスフォーメーションは経済産業省のガイドラインに定義されており、デジタルトランスフォーメーションの導入は企業にとって必須といえるでしょう。概念や活用できる技術について理解し、事業としての活用方法を明確にもつことが重要です。