ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

学生の学修設計を支援 UNIPROVE 学生カルテ・ポートフォリオ

「UNIPROVE 学生カルテ・ポートフォリオ」は、学生の状態をすばやく簡単に把握できる「学生カルテ」と、目標に向けた学生自身の自発的な学修を促す「ポートフォリオ」を融合した大学向け学修設計支援システムです。2つのシステムの相乗効果で、大学が直面する課題を解決に導きます。

『UNIPROVE 学生カルテ・ポートフォリオ』の導入効果

学生情報の効率的な収集・閲覧で教職員の教育力向上をサポート

教職員は「学生カルテ」から、「ポートフォリオ」の情報(学生が入力した目標、日々の悩み、希望の進路など)も閲覧可能。それぞれの学生の状況に適した指導を行うことができます。

PDCAサイクルに基づいた学修設計支援で学生の学修意欲を促進

学生は「ポートフォリオ」から、成績などの自分の情報を確認可能。点在する情報を一元化して画面から確認できるので、自分の状態を参照しながら目標を立てることができます。

『UNIPROVE 学生カルテ・ポートフォリオ』の特長

学生との面談記録を登録・共有可能(学生カルテ)

教職員が学生と面談した際の指導内容や学生の悩みをメモとして登録可能。他の教職員が登録したメモも参照できるので、教職員間で学生に関する情報を共有して指導やアドバイスに役立てることができます。
メモの共有範囲は部署単位から個人単位まで細かく設定できます。

大学の特性や運用に合った「目標シート」を設定可能(ポートフォリオ)

「数値目標」「選択目標」「文章による目標」の3つのテンプレートを用意しています。
これらのテンプレートを組み合わせることで、大学の運用に合った「目標シート」を教職員の画面から簡単に作成できます。

学生の学修設計を支援「UNIPROVE 学生カルテ・ポートフォリオ 」の活用事例

事例01日本大学 商学部

学生が実施するPDCAやキャリアデザインを支援

日本大学 商学部では、学生自らが立てた目標を自ら実践し、振り返りの後に改善を繰り返す中で、社会で自立して活躍するためのキャリアデザインに取り組んでいます。そこで、日立の大学向け学修設計支援システムを導入し、運用を開始しました。