ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大学内のポータルサイトを構築 UNIPROVE ポータル

大学向けポータルシステム「UNIPROVE ポータル」は、学内システムをもっと効率よく使いこなしたい学生や教員、既存システムとの連携に悩む職員の各ユーザーが納得できる全学ポータルサイト。
独自の発想から生まれた大学ポータルシステムで、学内情報環境を刷新します。

『UNIPROVE ポータル』の導入効果

学生や教員を必要な情報へナビゲートするコンシェルジュ機能

必要な情報や利用したいシステムをキーワード検索で探し出し、ナビゲートしてくれる「コンシェルジュ機能」を搭載。システム名や各部署へのリンクを表示するだけのポータルサイトに比べて利用しやすくなり、学内ユーザーの満足度が向上します。さらに、窓口業務などの問い合わせ対応が減少することで職員の負担が大幅に軽減されるため、より一層の学内サービス向上に注力できます。

利用者へ最新情報を発信し、情報伝達速度向上

利用者はポータルサイトにアクセスすることで、お知らせや休講・補講情報といった自分宛に発信された最新情報を閲覧することができます。もちろん、スマートフォンで情報を閲覧することも可能。学外からも、大切な最新情報をチェックできます。

『UNIPROVE ポータル』の特長

既存システムと柔軟に連携可能

ポータルサイト構築にあたり、職員にとって大きな課題となる既存システムとポータルとの連携。 「UNIPROVE ポータル」は、システムをサービスの集合体として構築するSOA*に基づいて設計されているため、既存の他社システムとも柔軟な連携が可能です。他システムとのスムーズな連携により、ポータル本体は最小限の機能を実装。既存システムとポータル間でのデータコピーなどを必要とせず、データやシステムを二重に保持・管理する必要もありません。

* SOA:Service Oriented Architecture

一度の認証で、複数の学内システムを利用可能

オープンソースを利用したシングルサインオンを実現。一度のユーザー認証で複数の学内システムを利用できるようになり、ユーザーの利便性を高めます。

アクセス権に応じて提供情報をコントロール可能

学生・教員・職員といったユーザー特性ごとにアクセス権の設定が可能。コンシェルジュ機能によるナビゲート先でも、ユーザー権限に応じて情報の表示・非表示を制御できるなど、必要な情報だけを整理して表示するため、利用者は情報を探しやすくなります。

利便性を向上させるさまざまな機能

機能 詳細
コンシェルジュ
  • 学内にある利用可能なサービスをキーワード検索し、簡単に探し出すことができます。
  • サービスはカテゴリ別に分類でき、管理者がサービスの掲載期間や利用可能ユーザーの範囲についても、保守画面で設定できます。
お知らせ 学内利用者へお知らせや個人伝言を配信できます。配信先は、組織や任意のグループによる指定や個人ごとの指定が可能です。
時間割
  • 学生が自身の時間割を日単位で参照できます。
  • 休講・補講などの授業連絡は、アイコンで分かりやすく表示できます。
メール通知
  • お知らせや授業連絡を転送するメールアドレスを複数登録できます。
  • スパムメールと判断されるのを防止し、大量発信も考慮しています。
代替ログイン 職員が他のユーザーにログインし、情報や動作を確認できます。例えば問合せ時に、利用者の表示画面を参照しながら対応できます。
アンケート 学内利用者へアンケートを配信できます。アンケートの配信先や回答期間を設定でき、回答状況を部署で共有できます。
施設予約
  • 学内施設の予約管理ができ、施設を利用できるユーザーを設定できます。
  • 施設ごとに承認の要否、予約の重複可否などを管理者が設定できます。