ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

学内システムのデータ連携を統一 UNIPROVE データ連携基盤

個人情報の漏えい対策や内部統制への対応に向け、大学内の多様なシステムの運用に高い信頼性が求められています。システム同士のデータ連携のルールが徹底していなければ、セキュリティリスクが高まり、業務効率を低下させてしまいます。
「UNIPROVE データ連携基盤」は、学内システムの共通基盤として統一されたポリシーによるデータ連携を実現。担当者の権限に合わせて情報へのきめ細かなアクセス制御やデータの操作ログの取得が行えます。信頼とスピードを高める厳格な基盤が学内システムを統合し、学内情報を有効活用するシステム環境へと進化させます。

『UNIPROVE データ連携基盤』の特長

不正アクセス防止

担当者ごとにアクセス権限を設定可能

データの内容に合わせて実行管理者を割り当てることができ、不必要な情報へのアクセスを防止します。
また、代理実行者や参照者といった役割を割り当てることもでき、幅広い運用を実現します。

ログ取得

情報の入力・出力処理の実行ログをサーバで管理

いつ、だれが、データ連携を実行したかを、統一されたWebブラウザインタフェースから確認できます。
また、実際に出力したデータもログとして管理し、確認できます。

情報漏えい対策

セキュアな通信とファイル暗号化で、情報漏えい対策に配慮

システム内のデータのやりとりはhttpsで暗号化通信していますので、第三者は閲覧することができません。
システム外への送信データは自己復号暗号化し、万が一情報が持ち出された場合の漏えいリスクを抑えます。
※自己復号暗号化機能はオプションです

業務効率向上

担当者ごとのメニュー表示で速やかな処理を実現

データ連携の実行管理者があらかじめ割り当てられているため、担当者は自分のメニュー画面を開くだけで担当範囲と連携の実施状況を把握することができます。