ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

社内での情報共有基盤 POWER EGG

POWER EGGは、グループウェア、汎用申請ワークフロー、Webデータベース、経費精算ワークフロー、CRMの5つの機能を連携し、業務プロセスを可視化。日々の情報共有や決裁のための機能がオールインワンで活用でき、シームレスに、ストレスなく組織の連携を強化し、生産性を高めることができます。
新バージョンでは他の業務アプリやモバイルとの「つながり」を強化し、より快適な業務コラボレーションを実現しました。
※「POWER EGG」はディサークル株式会社の登録商標です。

導入実績

  • 1,371社(445,000ライセンス)
  • 民間企業:1,246社
  • 金融機関:47行
  • 地方自治体:78団体

※導入実績は2020年3月末時点でのディサークル株式会社の実績です。

このような課題を解決します!

課題

  • 社内での重要な連絡が漏れてしまう
  • 社内業務生産性を改善したい

解決

  • 情報ポータル画面で従業員への情報を配信
  • グループウェアやワークフロー、CRMなどの機能により社内業務の生産性を向上

『POWER EGG』の特長

気づきの情報ポータル

必要な情報を「気づきやすく」整理・集約してPUSH配信します。
仕事の忘れや遅れの防止、迅速な意思決定、社員への意識付けを支援します。
横断検索で欲しい情報が「すぐに」見つかる!
スケジュール・作業・掲示板・電子会議・社内メール・ファイル管理・申請案件機能ごとに検索結果を表示します。

組織型情報伝達エンジン

世代別階層型組織図によるメンテナンス負荷の軽減
複数の組織図を発令日別に世代管理可能なため、組織変更時のメンテナンス負荷が軽減されます。
新旧組織での平行運用が可能なため、人事異動に伴う運用制限をかけることなくノンストップでの運用環境を実現します。
決裁ルートやアクセス制御と連携することで、規程通りの決裁ルート自動生成やポリシーに沿ったアクセス制御を実現します。

多彩な決裁ルートによる実践的な電子決裁を実現
企業や自治体におけるさまざまな決裁ルートに対応できるので、稟議書や各種届出書類の電子決裁化を促進します。

スマートフォンやタブレットにも対応

外出先からも、オフィスのパソコンと同じ感覚で快適・手軽に利用できるため、スピーディな行動・意思決定を支援します。

スマートフォンにて以下の機能が標準機能でご利用いただけます。

業種・業務固有の課題を解決

Webデータベース機能によりプログラム開発無しで自由に管理項目の設定ができるため、お客さまの業務内容に合ったシステムを手軽に作成可能です。

プロセス管理型(トラブル管理DB)

  • 複数部門にまたがったプロセス進捗
  • 登録情報のプロセス変化をとらえ、迅速に通知
  • 状況に応じて通知先を変更

期日管理型(契約書管理DB)

  • ワークフローで決裁した情報をデータベースへ自動登録
  • 登録情報の期日を管理し、その日の前後で自動的に通知
  • 台帳としても利用でき、必要な時に情報を照会

一括集計型(計画進捗DB)

  • 数値情報の登録を複数拠点同時に実施
  • 登録から集計を自動的に行え、多様な集計形式で表示
  • 登録された数値情報の係数から、必要な社員へ通知