ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

稟議/決裁業務をペーパーレス化

ドキュメントワークフローソリューション

稟議/決裁業務における問題を解決!かんたん・みえる・みつかる

グループウェアのワークフローだけでは実現できず、紙で行ってきた運用の電子化を、ワークフローシステム(Create!Webフロー)と文書管理システム(ラビニティシリーズ)を組み合わせて実現、ペーパーレス化します。ポータルを活用することで、ユーザからは複数のソフトを利用している意識なく、スムーズに情報の集約を実現します。

稟議/決裁業務をペーパーレス化
「ドキュメントワークフローソリューション」では
このような課題を解決します!

課題
  • 稟議書作成において記入ミスや押印ミスが発生し作成し直すケースが多く、業務効率が悪い
  • 紙の稟議書作成のため回覧中の紛失・破損が発生し、書類の保管コストも発生する。
解決
  • システム上で管理するため稟議書作成にかかる時間を削減可能
  • 電子化するため紛失の心配はなく、現在の承認状況も一目で把握可能

「ドキュメントワークフローソリューション」の
お問い合わせはこちらから!
ご不明点やご要望などもお気軽にお問い合わせください!

稟議/決裁業務をペーパーレス化『ドキュメントワークフローソリューション』の特長

導入・運用がかんたんスムーズ

ExcelやPDFの帳票フォーマットをインポートして申請用フォームを作成でき、紙で運用していた稟議/決裁業務をスムーズにシステム化できます。
たとえば、Excelで作成した稟議書を印刷して運用していた場合、Exelファイルを取り込んで入力フォームを作成でき、紙で運用していた時と同じように稟議/決済業務をWeb画面で行えます。

直観的な操作・進捗状況のリアルタイム確認により、業務の効率UP

直観的な操作が可能なインタフェースで、使い方に迷うことがありません。承認ルートや進捗状況をビジュアルで確認でき、進捗状況をリアルタイムで把握できます

過去の案件を容易に検索

過去案件をキーワードで検索できます。
案件名での検索はもちろん、添付ファイル中の任意の文字での検索も可能。社内申請書類や申請に関わる書類をすばやく見つけ出すことができ、稟議/決裁業務の管理まで行うことができます。
ポータルシステムであるサイボウズガルーン、desknet's(デスクネッツ)、Sharepoint、その他グループウェアと決裁後の文書の格納先として文書管理システム・ラビニティシリーズとシームレスに連携するワークフローシステムです。

「ドキュメントワークフローソリューション」の
お問い合わせはこちらから!
ご不明点やご要望などもお気軽にお問い合わせください!

稟議/決裁業務をペーパーレス化「ドキュメントワークフローソリューション」の機能一覧

機能 内容
申請者機能 申請、回覧、下書き保存、再申請、別名申請、取戻し、督促、
進捗確認、ルート変更、印影捺印、日付印捺印、自動採番
承認者機能 承認、一括承認、連続承認、決裁、保留、閲覧、否認、再申請請求、再承認請求、督促、
進捗確認、後閲、ルート変更、印影捺印、日付印捺印、自動採番、相談
承認ルート 直列、並列(OR)承認、合議(AND)承認、条件分岐
文書管理 フォルダ振り分け登録、属性マッピング登録、アクセス権管理、属性検索、全文検索
ユーザ管理 ユーザ基本情報、印影画像管理、代理また代行申請/承認者の設定
その他 検索、一覧表示、メール配信、お知らせ配信、自動督促、案件管理機能、複数ページ帳票作成、
集計機能、業務ごとの一覧メニュー表示、承認者ごとの表示・入力制御
オプション 駅探連携、決裁完了データ出力、組織情報バッチ登録

「ドキュメントワークフローソリューション」の
お問い合わせはこちらから!
ご不明点やご要望などもお気軽にお問い合わせください!

稟議/決裁業務をペーパーレス化「ドキュメントワークフローソリューション」の活用事例

事例01学校法人北里研究所 様

総務・人事部門の作業負荷を軽減し、決裁までの期間を大幅に短縮

紙の決裁書を使って実施していた決裁業務を、約60の全部門を対象とした電子決裁システムとしてワークフローを導入、現場力の向上やコンプライアンス強化を実現

「ドキュメントワークフローソリューション」の
お問い合わせはこちらから!
ご不明点やご要望などもお気軽にお問い合わせください!

かんたん導入パックの価格

構築〜導入、運用までを当社SEがサポートし、『紙の申請書を電子化してワークフロー』をコンセプトに、 かんたんな運用が行えます。

初期費用:1,200,000円〜

本費用に含まれる製品およびメニュー

  • Create! Web フロー100ユーザライセンス
    (100UL、デザイナー1ライセンス)
  • 標準構築
    (お客様ご用意のWindows Server OSへインストール)
  • 管理者向け教育

「ドキュメントワークフローソリューション」の
お問い合わせはこちらから!
ご不明点やご要望などもお気軽にお問い合わせください!

よくあるご質問

ドキュメントフローで利用できるファイル形式は何種類ありますか?
PDFドキュメントを始めとして、Word、Excel、Text、HTMLなどあらゆるドキュメントが使用できます。
申請ドキュメントが最終承認者で承認された場合に、内容を閲覧することはできますか?
はい、可能です。但し、予め管理ツールで閲覧許可を設定する必要があります。
代理申請(本来の申請者になりすまして申請)することはできますか?
可能です。代理を依頼したユーザが代理申請者を設定することで、代理人による代理申請が可能です。

「使いやすいワークフロー」を実現し、「かんたんに」経費削減

ワークフローソリューションでは、ワークフローシステム(Create!Webフロー)と文書管理システム(ラビニティシリーズ)と組み合わせて、「かんたん」「みえる」「みつかる」をコンセプトに、お客様の稟議/決裁業務におけるお悩みを解決します。