ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

金融機関の業務をタブレットで効率化 金融機関向けモバイルソリューション

モバイル環境を提供するモバイル基盤「快作モバイル+」とモバイル基盤上で動作する業務テンプレートを組み合わせ、金融機関向けに特化したタブレットソリューションを提供します。
金融機関の現場におけるさまざまな業務をタブレットで支援し、お客さまへのサービス品質や業務効率の向上を実現。
金融機関のニーズに合わせたモバイル業務システムをスピーディに構築できます。

このような課題を解決します!

課題

  • 金融機関におけるさまざまな業務を効率化したい
  • タブレット端末から入力したデータを行内の各種業務システムと連携してデータを一元管理したい

解決

  • 銀行業務をテンプレート化し、モバイル端末を活用して効率化
  • 例:投資信託・住宅ローンなど
  • モバイル端末と行内既存システムを連携し、業務の効率化・モバイル化を促進

『金融機関向けモバイルソリューション』の特長

強固なセキュリティ

大切な業務データを守るため、さまざまなセキュリティ機能を搭載しています。

通信環境に依存せず利用可能

アプリケーションのデータ領域にコンテンツを保存しているため、通信無しでのコンテンツ閲覧や、 お客さまへのすばやい申込内容提示ができます。

デバイスとの連携

タブレット端末の持つ機能と連携し、各種ソリューションの中で活用しています。

洗練されたデザイン性

全体の画面デザインはお客さまの”知りたい”に応えてくれる存在をコンセプトとしています。 システムの目的に応じて、お客さまのご希望のデザインを提供いたします。

関連キーワード