ページの本文へ

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

Member interview
11
小野 史人 Fumito Ono
営業統括本部 主任 2012年入社 経済学科卒
会社の代表として
お客さまと接する

お客さまと一番近い立場で仕事がしたい思いが強くありました。また、会社の代表としてお客さまと接し、信頼と注文を取ってくることへの憧れから営業職を希望しました。入社する前、この会社では、営業組織の拡大と外販受注(※日立グループ外からの案件受注)を伸ばしていくという方針を聞き、その一員になりたいと感じました。今でもその決断に間違いはありませんでした。

入社以来、産業・流通業界のお客さまに対して「業務アプリケーション」のご提案をしてきました。初対面から、既に当社と取引きのあるお客さまに対して自社のソリューションを紹介し、お悩みをお伺いしながら、お客さまにマッチするようなシステムの提案をしています。

私にとっての仕事の原動力は、当社のシステムやソリューションの導入によりお客さまの事業発展に貢献できた時です。システムを売るだけでなく、どのようにすれば活用していただけるのかを検討することでお客さまに寄り添った提案を行っております。また、それによりお客さまから御礼のお言葉や日立と一緒に仕事がしたいと言われることもあり、自身のやりがいにもつながります。

小野さんと一緒に
仕事がしたい!!

コロナ禍の影響で、お客さまとの打ち合わせの大半がリモートでの対応となりました。また、お客さまの業務や事業にも大きな変化があり、業務をWEBにできるような仕組みを導入したいとのことでWEBシステムの案件が多くなりました。

常に世の中の最新動向(景気や傾向)について、新聞記事などだけでなく、実際にお客さまにお聞きしたり、他社の営業からも話を聞き、情報として蓄えるようにしています。お打ち合わせでお客さま先にお伺いするとお客さまの方がよく勉強していることの方が多いです。その時に自社の強みや特長を会話できるように準備は日頃から心掛けています。

今後は、お客さまの事業や業界を理解し、さらなる事業発展に繋がるシステムの提案を考えられる営業になりたいです。システムの紹介をするだけなら誰でも可能です。システムによっては各社毎に利用方法が違うかも知れません。お客さまに合わせた提案ができるような営業、「小野さんと仕事がしたい」と言ってもらえるような営業をめざしています。

部下に対して
休みやすい雰囲気を作る

当社は、年次や性別の分け隔てなくコミュニケーションが取れているので、自身の考えを発言する場やプロジェクトの最前線に立つような機会も多く、自己成長ができる会社だと思います。

職場は、オンとオフの切替がしやすいような雰囲気づくりを上司が率先して行っていると思います。積極的に上司が年休を取ったり、ノー残業デーを作るなどして、部下に対して休みやすい雰囲気を作ってくれています。

コロナ禍前はノー残業デーの日は課のメンバーで飲みに行ったりもしますし、休日または年休を皆で取って、ゴルフ、釣り、キャンプ等々、個人の趣味に合わせて集まったりしています。上記の企画を持ち回りでやったりしてリフレッシュできています。

在宅勤務の時には子供と同じ時間に起きて、定時後はすぐに遊べるので、触れ合う時間が増えて嬉しいです。普段は家から会社が遠いので子供より早く起きていたため、特に朝は触れ合う時間がなく、夜も帰宅すると子供が寝る時間だったりしたので、子供も喜んでいるはずです。

1 day schedule

1日のスケジュール

学生の皆さんへのメッセージ

Message to students

IT業界で働きたいが色々な不安のある方も多いと思いますが、当社は入社後でも多くの選択肢を与えてくれる会社です。研修やOJTの制度が充実していて、やる気がある人なら十分やっていけます。最新のIT技術についても入社後、学ぶ機会は多くあります。IT業界への興味・就職を考えている方は是非、日立ソリューションズ・クリエイトへ。

オフの過ごし方 Off time

休日は長男坊と近くの公園にお散歩に行っています。
子供の笑顔を見ると普段の疲れも吹っ飛びます。

※掲載の内容は、取材当時のものになります。